先生のご紹介ライブラリー

植物のパワー

ファイトケミカルのはたらきって?

ファイトケミカルの代表選手

ファイトケミカルは約1万種あるといわれ、大きく分類するとポリフェノール系、カロテノイド系、イオウ化合物系、テンペル類、グルカン類などがあります。
それぞれどんなはたらきがあるのでしょうか。

健康の基本は、毎日の食事が肝心です。食べ物には多種多様な成分が含まれているため、体内に吸収されると互いに助け合いながら、カラダへの相乗効果を発揮します。多種類の野菜や果物をバランスよく摂り、以下の表のようなさまざまな種類のファイトケミカルの効果を摂り入れていきましょう。

ポリフェノール系

植物が光合成を行うときにできる物質の総称。本来、植物自身が生きるための物質ですが、ヒトの体内に入っても、抗酸化物質として有効にはたらくことがわかっています。水に溶けやすく、吸収されやすいのも特徴です。

種類 含まれる成分 含まれる食材
フラボノイド アントシアニン 赤ワイン、ブルーベリー、赤シソ、紫イモ
ヘスペリジン みかん、はっさく
カテキン お茶やワインに含まれる渋み成分
ケルセチン タマネギ、柑橘類、ソバ
イソフラボン 大豆
フェノール酸 リグナン ゴマ
クロロゲン酸 コーヒー、ごぼう

サポニン

大豆などに含まれている渋みや苦味の主成分です。大豆を煮ると泡立つものがサポニンです。抗酸化作用があり、脂質やコレステロールを取り除くはたらきがあるといわれています。※サポニンの種類によってはたらきが異なります。

含まれる成分 含まれる食材
サポニン 大豆、高麗ニンジン

イオウ化合物

強い刺激臭でその臭い成分が抗酸化力を発揮します。血行、血流の改善作用もあり、強い殺菌力があるため、食中毒を防ぐ薬味としてもよく使われます。

含まれる成分 含まれる食材
スルフォラファン ブロッコリー、キャベツ
アリルイソチアシネート ワサビ
システィンスルホキシド ニンニク、タマネギ、キャベツ

カロテノイド類

動植物に含まれる色素成分。抗酸化力が強く、活性酸素から身を守り、がんや生活習慣病を抑制するはたらき、美肌効果やシミ予防、目の健康を維持するのにも効果を発揮するといわれています。

含まれる成分 含まれる食材
β‐カロテン ニンジンやカボチャ
α‐カロテン ニンジン、カボチャ、グリーンピース、トウモロコシ
リコピン トマト、スイカ、レッドグレープフルーツ、柿
ルテイン トウモロコシ、ホウレンソウ、ブロッコリー、ケール
ゼアキサンチン トウモロコシ、ホウレンソウ
β-クリプトキサンチン ミカン、オレンジ

テルペン類

ハーブや柑橘類などの特有の香りと苦味成分です。抗酸化作用があり、生活習慣病を防ぎ、香りは、抗うつ作用が期待されるものもあります。

含まれる成分 含まれる食材
オイゲノール クローブ(丁子(ちょうし)
リモネン レモンなどの柑橘類の果物
メントール ハッカ
チモール タイム、オレガノ