先生のご紹介ライブラリー

乳酸菌のパワー

乳酸菌のパワーって?

腸で大活躍! 乳酸菌&ビフィズス菌

乳酸菌とは、糖類から乳酸をつくる細菌の総称です。ヒトのカラダによい働きをするものが多く、たくさんの種類があります。

ビフィズス菌は人や動物の腸内に生息していて、乳酸菌とはまったく別の細菌ですが、さまざまな病気や老化の原因を防ぐはたらきをすることや、乳酸を作る性質から、広い意味で乳酸菌の一種として扱われることがあります(表1)。ビフィズス菌には特有の健康作用があり、乳酸以外にも酢酸を作ります。この酢酸が大腸内で病原菌大腸菌O-157の毒素の吸収を抑制することでも話題になりました。

大腸には“善玉菌”と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌、そしてその一方で"悪玉菌"が存在し、悪玉菌が増えると腸の老化が進んでしまいます。

乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれます。

さらに腸のはたらきを活性化し、消化吸収やぜん動運動もうながしてくれるため、便秘の改善にもなります。免疫力を高める働きから、花粉症などのアレルギーに対する効果やインフルエンザなどの感染症予防としても注目されています。

一方の悪玉菌の代表としては、大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などがあります(表2)。

理想的な腸内環境は、できるだけ善玉菌が多い状態といわれています。このような腸内環境を保つことが健康促進や老化防止につながります。こうした背景から現在、プロバイオティクス(probiotics)と呼ばれ生きて腸に届く乳酸菌やビフィズス菌などの研究が進んでいます。

乳酸菌とビフィズス菌

【表1】ここが違う!乳酸菌とビフィズス菌

  乳酸菌 ビフィズス菌
作り出す
もの
乳酸 乳酸+酢酸
生きて
いる
ところ
ヒトや動物の腸内、牛乳や乳製品、漬物やお酒など、一部の発酵食品 ヒトや動物の腸内
酸素に
対する
性質
酸素があっても生きていける(自然界のいろいろなところで生きていける) 酸素があると生きていけない(自然界では生きていけない)

【表2】おもな悪玉菌とその特徴

  おもな例 特徴


O-111
O-157
大腸菌のほとんどは無害なのですが、なかには強い毒性をもつ病原性大腸菌と呼ばれるものがあり、感染すると腹痛、下痢、血便を起こしたりすることがあります。とくに、腸管出血性大腸菌のO-111、O-157などは牛の腸の中にいて、調理や飲食に注意喚起されます。





黄色ブドウ
球菌

表皮ブドウ
球菌
健康なヒトの鼻腔内などに常に存在している細菌です。“悪玉”の一種ではありますが、外部からの病原体が侵入するのを防ぐ役割をしています。しかし、菌が増殖すると化膿性の各種疾患の原因となります。足の裏の悪臭の元でもあります。






  悪玉菌の代表とされ、常在しています。放屁の臭いの原因です。腸管内で菌が増え、毒素に変身すると腹痛、下痢などを起こします。しかしほとんどの場合、嘔吐や発熱は見られません。

逆境に負けない植物性乳酸菌逆境に負けない植物性乳酸菌

乳酸菌は、日本をはじめとする東アジアの地域で、さまざまな漬物や味噌、醤油や日本酒などに、賢く利用されてきました。比較的寒冷で、牧畜が盛んなヨーロッパ地域では、栄養豊富な保存食としてチーズやヨーグルトなどが作られてきました。

なかでも植物性の発酵食品に含まれる乳酸菌は、牛や羊、やぎの乳など栄養豊かな食品に生育する乳酸菌に比べ塩分や香辛料などがある過酷な条件でも生育できるたくましさをもったものが多く存在します(表3)。

乳酸菌は、ほとんどが胃酸により死滅菌となります。
死滅菌でも有益な働きがあるといわれていますが、できれば、生きたまま腸までたどりつかせたいものですね。

動ける動物と違い過酷な環境で生きる植物に存在する乳酸菌は、ヒトのカラダの中でもそのタフさを発揮。酸やアルカリ、温度変化や塩分にも強いため、胃酸にも負けずに生きたまま腸までたどりつけるのです。

日本人は繊維質の多い食べ物を食べてきたため、欧米人に比べ腸が長いといわれています。長年にわたって、植物性の発酵食品である漬物や納豆などを食してきたのは、そんな日本人に適していたからかもしれません。

食べ物で体内に摂り入れた乳酸菌は、3〜4日で体外に排出されてしまいます。腸内環境をバランスよく維持し続けるために、毎日こまめに摂り続けていくことが大切です。

図2 がん予防のためのピラミッド型食物リスト デザイナーフーズ・リスト

【表3】ここが違う!植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

  植物性乳酸菌 動物性乳酸菌
生きている
ところ
植物
分解する糖
の種類
植物に含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などの多糖類 乳糖のみ
栄養状態の
条件
栄養が少なく、過酷な条件でも生きていける 栄養が豊富な環境を好む