先生のご紹介ライブラリー

乳酸菌のパワー

プロバイオティクスって何?

カラダをパワフルにサポート

ヒトの腸には400〜500種類以上、約100兆個にもおよぶ多種多様な腸内細菌がいますが、種類ごとにまとまって生息しています。その様子が、まるでお花畑のように見えることから“腸内フローラ(腸内細菌叢)”と呼ばれています。その腸内環境をバランスよく保てるかどうか、私たちが健康的に生きていくためのカギがそこにあります。

1989年にイギリスのフラー博士によってプロバイオティクスが提唱されました。その“プロバイオティクス”とは、腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。その代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。最近ではさまざまなプロバイオティクス商品が開発され、店頭でもよく目にするようになりました。

菌を殺してカラダを守るアンチバイオティクス(抗生物質)に対して、“プロバイオティクス”は、カラダによい菌を増やすことで健康を守ろうとする考え方から生まれたものです。

【表1】プロバイオティクスに求められる条件

  1. 胃酸や胆汁酸などによって消化されずに腸まで届くこと
  2. 腸内で増殖できること
  3. 腸内フローラのバランス改善や、腸内の腐敗物質を減らす効果があること
  4. 抗菌性物質の生産や、病原性を抑制する作用があること
  5. 食品としても医薬品としても安全性が高いこと
  6. 簡単に摂取・飲用できること
  7. 生産する際に扱いやすく、価格や費用が安いこと

その頼もしさは生きているから

“プロバイオティクス”は、「健康のために」という意味のギリシャ語が由来とされ、人間に利益をもたらす善玉菌を指しています。生きたまま腸までたどりつき、そこで産生する乳酸などの代謝産物が、ヒトにとって有益な健康効果をもたらしてくれます。

乳酸によって、腸内が酸性になることで悪玉菌の増殖は抑えられ、有害物質が減少します。腸の機能が活性化され、消化吸収が促進されれば、便秘や下痢の解消・予防にもつながります。このように自ら増殖して私たちを助けてくれるのも、“プロバイオティクス”が“生きている”からこそなのです。

ただし、“プロバイオティクス”は種類によって、胃酸や胆汁酸に弱いものもあるため、その効果をより高く発揮させたいなら、“生きたまま”腸まで届くものを選びたいところ。胃酸が薄まる食後に摂るのもポイント。また、プレバイオテックス効果があり、善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂れば、さらにパワーアップです。

図1 腸内のはたらき

プロバイオティクスの仲間たち

プロバイオティクスに含まれる微生物にはたくさんの種類があります。ヒトにもたらしてくれるよい作用もそれぞれ千差万別で、多くの仲間たちがプロバイオティクスとして利用されています。
プロバイオティクスは、副作用や薬剤などでみられがちな耐性菌の出現することはなく、安全で、健康を維持するためのとても優れた手立てといえるでしょう。

種類 おもなはたらき
ラクトバチルス・プランタラム
(Lactobacillus plantarum)
漬物に含まれる乳酸菌。ぬか漬けやしば漬けにも使われている。日本をはじめ、韓国のキムチやドイツのザワークラウト、ヨーロッパのサワーブレッドなど、世界中で親しまれてきたおいしいすっぱさの素です。
ラクトバチルス・ブレビス
(Lactobacillus brevis)
漬物やキムチなどの発酵に関わる乳酸菌です。
ペディオコッカス・ペントサセウス
(Pediococcus pentosaceus)
酸や塩に強い乳酸菌。野菜の青臭さをまろやかにします。
ラクトバチルス・カゼイ
(Lactobacillus casei)
酸に強く、胃などでも死滅せずに腸から便にまで生き残る菌です。
ラクトバチルス・ラムノサス
(Lactobacillus rhamnosus)
代表的な乳酸かん菌で、整腸作用があります。
ラクトバチルス・デルブルエッキ サブスピーシーズ ブルガリカス
(Lactobacillus delbrueckii subsp. BulGaricus)
整腸作用や免疫賦活作用があります。
ラクトバチルス・ガセリ
(Lactobacillus gasseri)
乳酸菌の一種として腸内環境を整える善玉菌です。
ビフィドバクテリウム・ロングム
(Bifidobacterium longum)
健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌で、整腸作用があります。
ビフィドバクテリウム・アニマリス サブスピーシーズ ラクティス
(Bifidobacterium animalis subsp. lactis)
胃酸や胆汁に強いビフィズス菌で、整腸作用があります。