先生のご紹介ライブラリー

乳酸菌のパワー

プロバイオティクスのはたらきって?

腸の元気は、カラダの元気

食べ物が消化され、体内に吸収するかを最終判断する場所が腸。その分別機能が正常かどうか、それがヒトの健康を守る大きなポイントです。

全長6〜7m、表面積が約テニスコート1面分というヒトの腸には、全身の約60%の免疫細胞が集中しています。“プロバイオティクス”は、整腸や腸の善玉菌を増やすはたらきがあり、便秘や下痢、食中毒の予防効果があります。

“現代人の抱える悩みとプロバイオティクス”

日本人に近年急増している大腸がんも、腸内環境の悪化が原因のひとつとされています(図1)。乳児の腸内は善玉菌でいっぱいですが、成人から老年期になるにつれて減少し、一気に老化や生活習慣病をもたらす要因になってしまいます(図2)。

食生活の欧米化が進み、脂肪分の多い肉食が増えたことで、腸の老化は若年化しているともいわれています。若い人ほど野菜の摂取が少ないのも困りものです。便が腸内に長時間とどまると、悪玉菌によって腐敗してしまい、腐敗が進むと発がん物質をつくりだすこともあります。

またストレスも自律神経のはたらきを乱し、悪玉菌を撃退できなくなり、免疫機能の低下につながります。

とくに女性が気がかりな肌の調子、美肌の秘訣にも腸が大きく関わっています。悪玉菌が増加するとアンモニアや硫化水素をつくり、それらの処理に肝臓が疲弊し肌あれを引き起こす原因にもなるのです。

これらの予防・改善にしっかりはたらいてくれるのが“プロバイオティクス”や“プレバイオックス”です。腸内環境を整えてくれるばかりか、血中コレステロールを減少させたり腸内の有害物質の産生を抑えてくれるものもあります。感染に対する抵抗力が増したり、抗がん作用、アトピー抑制、ピロリ菌抑制などにも効果があるといわれています。

花粉症にはヨーグルト、と話題になりましたが、これも“プロバイオティクス”効果のひとつ抗アレルギー作用のおかげ。アレルギー患者には善玉菌の一種であるラクトバチルス菌が少ないことや、抗生物質を服用して腸内フローラが破壊された子どもに、アレルギー患者の出現率が高いことからも、“プロバイオティクス”の研究の進展が期待されています。

図1 日本人に急増中!?大腸がんの増加率

図2 老化=腸の老化 加齢とともに増える悪玉菌

期待されるプロバイオティクスの主なはたらき

  1. 腸内細菌叢(フローラ)によい影響を与える
  2. 腸内感染を防ぐ
  3. 免疫のはたらきを調整する
  4. がんを予防
  5. アレルギーの予防に役立つ
  6. 炎症性大腸炎の予防に役立つ
  7. 動脈硬化の予防に役立つ